HOW TO ENJOY

旅のスタイルは、三者三様。
CAFETEL京都三条for Ladiesなら、
あなたにぴったりの
女子旅スタイルに出会えるはず。
アクティブもよし、まったりもよし。
さて、あなたはどう過ごす?
HOW TO ENJOY

「はんなり女子旅」

本格的な茶道体験に、絶品の豆腐料理。
和の文化に触れて、ホンモノの京都を満喫。
01
AM 9:00
まずは3人で朝ごはん
朝ごはんはCAFETELのカフェで。
3種類から選べるプレートは、
うれしいワンコイン。
どれにするか思わず迷ってしまいそう。
02
AM 11:00
はんなり京都を感じる名所へ
嵐電に揺られて、
京文化と自然があふれる街・嵐山へ。
嵐山駅では、京友禅の生地を使った
600本もの
ポールアートが並ぶ
「キモノ・フォレスト」がお出迎え。
03
PM 15:00
本格的な京都体験は必須!
お茶を3人で楽しむのにぴったりな
その名も「茶三楽」で茶道を体験。
本格的な茶室で、
美味しい抹茶を気軽に味わえるのも、
京都ならでは。

撮影協力:茶三楽
04
PM 18:00
憧れの先斗町で京都を満喫
京都といえば、やっぱり豆腐料理。
夕食は、風情ある祇園の「豆八 離れ」で。
ずらりと並んだおばんざいと一緒に、
豆腐料理の歴史と“今”をたっぷり味わえます。

撮影協力:豆八 離れ
05
PM 21:00
しめくくりは川辺のお散歩
夜は、おしゃべりしながら鴨川で夕涼み。
CAFETELピンクの可愛いサイズの提灯が、
やわらかく色を変化させながら
夜道を照らします。
京都らしさを満喫した、
充実感たっぷりの一日。
HOW TO ENJOY

「あざやか女子旅」

着物体験から、人気のスイーツまで。
フォトジェニックな旅は、最高の思い出に。
01
AM 11:00
まずはブランチで気分をあげて
京都に着いたら、まずはCAFETELヘ。
荷物をあずけて、
1Fのカフェでお出かけ前の腹ごしらえ。
3人でシェアできる
「三嬢さんパンケーキ」で
楽しい旅をスタート!
02
PM 12:30
何はともあれ、いざ祇園へ!
レンタル着物で京娘に変身したら、
ぜひ立ち寄りたいのが
「八坂庚申堂」。
名物の「くくり猿」を奉納して、
欲をひとつガマンすると願いが叶うのだとか。
たくさんの「くくり猿」が彩る境内は、
写真映えもバッチリ。

撮影協力:八坂庚申堂
03
PM 14:30
スイーツだってインスタ映え
京都ならではの味と
フォトジェニックさを求めるなら、
京わたがし専門店
「JEREMY & JEMIMAH」はマスト。
ビッグでふわふわのわたがしは、
小顔効果も抜群かも?

撮影協力:JEREMY & JEMIMAH
04
PM 16:00
京都らしさをめいっぱい感じる!
帰りは、花街情緒が味わえる
「巽橋」を通って。
白川のせせらぎと石畳、趣きある町家が、
京都らしさ満点。
柳とのバランスが絶妙な「一本橋」も、
少し遠回りしてでも
写真におさめたくなるスポット。
撮影協力:かずら清
05
PM 18:00
夜の女子会スタート。まずは乾杯!
まだまだ夜はこれから。
夜はバルになるCAFETELのカフェで
女子会スタート!
ロゼワインや、
色が変わる不思議なカクテルに、
おしゃべりも弾みっぱなしの夜。
HOW TO ENJOY

「さわやか女子旅」

鴨川ピクニックも、世界遺産観光も。
シェアサイクルで、自由に、自分らしく。
01
AM 10:00
京都旅は自転車がおすすめ!
シェアサイクル「PIPPA」の
ポートが設置されている
CAFETEL。
気軽に借りられて、返却もカンタン。
ピクニックセットを前カゴに入れて、
のんびり京都サイクリングに出かけよう。
02
AM 11:30
ちょっと一息、ピクニック!
京都市内を北から南に流れる鴨川は、
地元の人にも観光客にも親しまれる
憩いのスポット。
三条から川沿いを進んで
心地よい場所を見つけたら、
ドリンク&フードを広げてピクニックを。
03
PM 14:00
渋滞知らずで観光スポットへ
世界遺産でもある下鴨神社。
緑いっぱいの境内は、
歩いているだけでリフレッシュに。
足をつけて無病息災を祈る「みたらし川」や、
手鏡型の絵馬で美麗祈願をする
「河合神社」など、
見どころが盛りだくさん。
04
PM 16:00
風を感じるのって気持ちいい!
小回りがきく自転車は、京都観光にぴったり。
路地裏にちょっと入れば、隠れ家カフェや
穴場スポットとの出会いも楽しめるかも。
3人並んでのサイクリングは、
忘れられない思い出になりそう。
05
PM 19:00
夜も京都を楽しみ尽くす
京都の夜を楽しむなら、
細長い石畳の路地に
多彩なお店が立ち並ぶ木屋町へ。
料亭からバーまで、
気になるお店がきっと見つかるはず。
みんなでおしゃべりしながら、
楽しかった今日を振り返って。

撮影協力:豆水楼
宿泊予約